パティオに迷い込んだ鳥

  • 投稿日:
  • by
本日有給休暇を取り子供とお留守番していたところ、パティオからから窓を叩く音が聞こえてきました。パティオのシャッターは閉じてるし? ドロボーか?

誰もいない? お化け?

見つけました。
パティオに迷い込んだ鳥

小鳥がパティオに迷い込んだようです。

パティオは8畳の吹き抜け空間になっているのですが、生ゴミなどを放置していても警戒心からかカラスすら入ってきたことがありません。(近くのゴミステーションではよくカラスが悪さしてます。)

飛び込んで来た際にパニックになって何度か窓や壁に激突したようですが、特に怪我もなくしばらく二階の窓枠で羽を休めてから、どこかに飛んでいきました。
突然の訪問者に子供と一緒にちょっとした動物園気分をあじわうことができました。

2009年梅雨! 全館空調の出番です。

  • 投稿日:
  • by
関東地方はすでに梅雨シーズンとなりましたが、昨日は中休み。
これから蒸し蒸しする季節。

12日の夜に一度ドライ運転でスイッチオンしましたが、それから。。。しばらく涼しい期間が続き寒いので2日後に停止しました。

それからは、風呂上りなど少し暑いときだけ数時間オンで快適でした。
全館空調はすぐには効き目が感じられないと、聞かされていたのですが、そんなことありません。冷房(ドライ)であれば10分程度で涼しくなります。(ただし真夏や暖房は無理ですが。)

昨日(土曜日)の昼からなんだか蒸し蒸しするようになったので、昼からスイッチオン。
正解でした本日は昼過ぎまで激しい雨でしたが、全館空調のおかげで、外が蒸し暑いのが外出するまで気がつきませんでした。(夜中も快適でした)

全館空調の本領発揮です。本当に快適です。これから9月まで常時オンの運転です。

きゅうりが取れました

  • 投稿日:
  • by
今年も夏野菜をはじめました。庭の一角の家庭菜園スペースではミニトマト2種類(赤と黄色)、とうもろこし、オクラ、枝豆、定番のきゅうりを植えました。
枝豆は芽を出すと直ぐにナメクジの餌となってしまい、収穫できるか分かりません。

去年は一本の苗から30本位取れたでしょうか、これから毎日きゅうりを収穫できそうです。

0617-きゅうりの収穫

今年はトマトの芽欠きをちゃんと行い一本立ちで育てていせいか、トマトの実のなり方がきれいです。実が大きくなってきたので、収穫が楽しみです。


回復したグリーンの絨毯

  • 投稿日:
  • by
ピシウム菌は早期発見とタチガレエースのおかげで、今では何事もなかったように枯れた所も再生され、きれいな絨毯となっています。

0613-西洋芝

梅雨時期で週末の天気が良くないのですが、土日のどちらかに天気が回復してくれるので何とか週一回ペースで芝刈りすることができます。

ただ、病気予防のために殺菌剤(三種類をローテーション)を芝刈り後に散布しているのですが、その日もしくは次の日には雨が降ってしい予防になっているのか疑問です。特に病気らしい症状は出ていないので良しとしましょう。

最近の雨のせいか、背の高いきのこやマッシュルームのニオイのする白い物体が現れるようになりました。特に悪さはしていないようですが、なんだか気持ち悪いですね。


シルバープリペットの剪定

  • 投稿日:
  • by
新芽がどんどん伸びて通路をふさぐようにぼうぼうに生えたシルバープリペット。雨が降ると伸びた枝で服が濡れてしまいます。
今年もたくさんの可憐な花を咲かせ、とても良い香りを楽しめました。
花もそろそろ終わりかけてきたので、一気に剪定しました。

植えた当時は背も低く小さな苗でスカスカでしたが、三年目になるとかなり茂ってきました。

0613-シルバープリペット
剪定後のシルバープリペットの生垣です。これで雨が降っても服を濡らす心配がなくなりました。

剪定方法は何も考えずに電動バリカンで形を整えながら切ってしまうだけです。シルバープリペットはかなり大胆にカットしても枯れることはないようです。(去年も大胆にカットしましたが、問題なしでした)

梅雨前に作業が完了できて満足です。

茂るといえば、ミモザも花が終わった後に結構大胆に剪定したのですが、すごいことになってきました。今年二回目の剪定を急遽行いました。

コンパクトデジカメが壊れて最近写真とっていません。ガーデニング中にデジ一出すのも結構面倒なので、コンパクトデジカメ買わないとね。(上の写真は後日撮影したものです)




ジューンベリーの収穫

  • 投稿日:
  • by
今年もジューンベリーの実がたくさん取れました。
またもや、写真撮影前に子供たちに食べられてしまいましたが、次の日に、こっそり収穫しました。

0530-ジューンベリーの収穫

まだ少し早い実もありましたが、おいしかったです。
(早めに取らないと鳥たちに食べられてしまいます!!!!)

来年も子供たちと、楽しめるのかな。。。。。

ピシウム・ブライト(ピシウム菌)

  • 投稿日:
  • by
二週間前に今年二回目のサッチング(前回は目土のため)を行いました。

私は年に数回(2回くらいかな、それ以下かも。。。) しかサッチングをおこなわないのですが、今回は二回目。と、いうのも、ところどころ枯れたところが目立つのです。

先週末も、いつもどおり芝刈りをしたのですが、元気な芝はぐんぐん伸びて1週間で5センチ以上伸びているようです。ただ、なにかおかしい。芝が密になっていません。枯れた芝が目立つのです。

最初はサッチングしたのが原因かなと思いましたが。。。。。。

今日の朝、何気に芝を観察したら、、、、くもの巣?

いや違う。

これまで、本やネットでこの「くもの巣」の正体は、何度もお目にかかっていますが、私の芝もこの菌のせいで、病気になっていたようです。(車の鍵でこのくもの巣をつついたら、すぐになくなってしまいました。)

朝一番に観察し朝露がついた状態で、このくもの巣状の菌糸がついていれば、間違いなくピシウム菌でしょう。昼間にも同じようなくもの巣状の菌糸がついている場合はダラースポットが疑われます。

ピシウム菌にはタチガレエースやシバクリンを散布します。
タチガレエースはダコニールなどの殺菌剤と比べてすごく高いんだけど、この病気のためにストックしときました。

この病気とは別に最近 幼虫 や 芝刈り後に ガ の死骸があったのですが、これがヨトウムシとシバツトガっていうのが、このピシウム菌を再度ネットで調べているうちにわかりました。(この害虫に有効なのはスミチオンやオルトランです。去年は予防のために交互に月1で散布していましたが、今年はまだ散布していませんでした。)

オルトランを500g位(ちょっと多すぎた)まいた後に散水し、その後で、タチガレエースを750倍に薄めてジョウロで適当(約1リットル/m2 位)にジョウロで散布しました。

これから梅雨時期になるので、注意が必要です。

今年の夏は越せるのか。。。。。

なんだか、サッチが目立つようになった。

  • 投稿日:
  • by
全体写真では問題ないように見えますが、近くでみると所々枯れた所が目立つようになりました。枯れたというか葉と葉の間のサッチが目立つといった感じです。
何かの病気かもしれません。とりあえずダコニール1000を500倍にしてジョウロで散布しました。

0516-西洋芝

去年の夏ごろでしょうか、レモンの葉っぱを食いちぎっていた青虫くん、捕まえて虫かごに入れておいたら、いつの間にか さなぎ になっていました。
夏も終わり、そのまま虫かごを雨ざらしのところで放置していたのですが、生きていたんですね、羽化しました。

蝶が一年の眠りからさめました1
羽化したての蝶です。

蝶が一年の眠りからさめました2

一時間くらいでしょうか、このままにしていたら、どこかに飛んでいきました。
また、レモンの木に卵産み付けるんだろうな。

とても元気がいいです。化成肥料を与えました。

  • 投稿日:
  • by
本日は芝刈り後、化成肥料(8-8-8)を前面にまきました。
去年は化成肥料を適当にまいていたせいで、何度も肥料焼けを起こしてしまいましたが、今年はちゃんと量ってまきました。(30g/m2)
さらに、芝生の表面に残っている粒を ほうき で掃きながら根元にすきこみました。その後たっぷり水をやりました。

0418-西洋芝

まだ、病気の心配もなく西洋芝にはいい季節です。


前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10